1日5分から、初めてでも出来るFX

【米FOMC】予想通りゼロ金利政策解除へ!

entry_img_2570.jpg


FRB 利上げ決定 7年続いたゼロ金利政策を解除


アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会は、いわゆるリーマンショックのあと7年間続けてきた異例のゼロ金利政策を解除して利上げを始めることを決定し、日本やヨーロッパに先んじて大きな政策転換に踏み出すことになりました。
FRBは、16日まで2日間、ワシントンで金融政策を決める公開市場委員会を開き、終了後、声明を発表しました。
声明で、FRBは、アメリカの景気について「雇用が著しく改善し、物価上昇率も中期的に2%の目標に向かって上昇していくと確信できた」などと指摘し、ゼロ金利政策を解除し、利上げを始めることを全会一致で決めました。
これによって、現在ゼロから0.25%の幅の極めて低い水準に抑えてきた政策金利は、17日から0.25から0.5%の幅に引き上げられます。FRBが利上げを行うのは、2006年6月以来9年半ぶりです。
政策金利は、アメリカの金融機関どうしがお金を貸し借りする際の金利で住宅ローンや企業への融資などあらゆる金利に影響するため今後、さまざまな金利が緩やかに上昇していくと見られます。FRBは、2008年のいわゆるリーマンショックのあと7年間にわたって、金利を事実上ゼロに抑え、景気を下支えしてきましたが、今回、危機への対応は終了し、金融政策をいわば通常の状態に戻す段階に来たと判断しました。
アメリカはこれで日本やヨーロッパに先んじて、異例の政策を転換することになりました。
ただ、FRBは、声明で「このあとの景気の改善には、極めてゆっくりとした利上げが必要になっている」などと指摘し、景気の回復の勢いを損なうことがないよう、当面、金利は低めに抑え、利上げは慎重に、ゆっくり進めることを強調しました。
これに関連してFRBが公表した、今後の金利の見通しでは、来年末まで、8回ある会合のうち、4回程度で利上げを行って、1.25から1.5%程度の幅まで、利上げを進めることが会合参加者の中心的な見方になっていて、過去に行った利上げに比べるとゆっくり進める考えが示されています。


これって世界経済にすごくすごくすごく影響があると思うんですけど…。

米国以外は、経済的にすごくピンチになるかもしれません。大した根拠はないですが・・・

私なりに考えてみました。

まず・・・

1.日本の株価は確実に下がります。

2.新興国への投資が激減します。

3.物価が確実に上昇します。


日本にとって良い影響を考えると…唯一これかな??

 円安ドル高になります。



なぜこんなことが起こるのか?? 簡単に言えばこの影響だと思います。

世界中の投資マネーが新興国や日本・欧米から一気に米国へ逆戻りするということ。
新興国の経済ダメージは半端じゃないと思います。

来年は、世界経済は激変の予感がします。

いい方向に激変して欲しいですね。

初心者向け投資のFXとは

空き時間に出来る人気のFX!




FXは楽しく漫画で学ぼう♪


関連記事

Tags: FOMC アメリカ 利上げ 金利ゼロ政策 ニュース 速報 相場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。